車査定

10万キロ走った車でも車査定を利用すると売れるの?

「10万キロを超えた車は売れない」といった噂を聞いたことはありませんか。車は買ってから時間が経ち、乗れば乗るほど劣化が進みます。

当然走行距離も増え、5年以上経てば10万キロを超える車も多くなってきます。走行距離が増えると車の部品も劣化・消耗して、メンテナンスをするだけでも費用がかさんでくるので、多くの方が買い替えを考える時期になります。「車の寿命は10年・10万キロ」などということが言われていたので、安全に走る目安として考えている方もいるでしょう。

しかし「10万キロで車の寿命」と言われていたのは昭和の時代の車です。昔の車は10年・10万キロを安全に乗れる目安として設定し、作られていました。これはタイミングベルトというものが10万キロを超えると切れてエンジンが止まってしまう可能性があったため、交換が必要とされていたのです。

また、塗装の技術も今より低く、数年するとボディにさびがつくことがありました。しかし現在では、タイミングベルトではなくチェーンのベルトになっていることが多く、10万キロで切れるなんてことはありません。塗装の技術も上がっているため、10年・10万キロでもきれいなままでしっかり走るようになったのです。

走行距離が長くなり使用年数が経つにつれ、車査定の時に買い取りの価格は下がっていくのが普通です。だからと言って、10万キロを走った車は売れないのかというと、そのようなことはありません。最近は車を作る技術も発達しています。

メンテナンスさえしっかりしていれば10万キロでもまだまだ走れる車も多く、「車の寿命は10年・10万キロ」は昭和の時代に作られた車にしか当てはまらない言葉となりました。まだまだ走れてメンテナンスもされている無事故車を買い取ってくれる業者は、探せば見つかります。

10万キロという数字は、買い取る側にしてみれば安く買いたたくための口実にもなります。タダ同然で買い取りするような不誠実な業者もあるため、査定は複数の業者に依頼することをおすすめします。

メンテナンスをしっかりして大事に乗ってきた車なら、高値で買い取ってくれる業者を探してみましょう。人気車種であれば、想像以上に高額な査定額を提示されることもあります。要は買い取った後に買い手が付きそうな車であれば、10万キロ走っていたとしても売れる車と言えるでしょう。売れないと諦めないで、大切に乗ってきた愛車であれば、10万キロという節目を気にせず車査定をしてみましょう。

オススメの車買取店はこちら

ユーカーパックの無料査定はこちらから