車査定

車査定で準備する必要書類ってなんだ?

車の査定を依頼して買い取ってもらうことを考えているならば、必要書類を早めに準備しておきしょう。事前に書類が揃っていれば、手続きがよりスムーズになります。

まず、小型車と普通車を買い取ってもらう場合は移転登録のために、車を購入する際に使用した印鑑証明書が必要です。有効期限が定められているので、発行されたから3ヶ月以内のものを準備しましょう。印鑑証明書は譲渡証明書と委任状に押した実印が、登録されているものであるか確認するために使われます。軽自動車を売る場合は届け出になるため、認印で問題ないです。

次に自動車検査証も用意しているか確認しましょう。ディーラーローンなどの支払いがまだ続いているという場合は、所有権が販売会社の名義になっていることがあります。このような場合は、移転登録をするために所有権の解除申請が必要ですよ。多くの買取店舗では、所有権留保を解除するための手続きを代行してくれます。

また、自動車納税証明書を添付するのも大事です。自動車税をしっかり納めていることを証明するための書類で、車検を新しく取得する際などに使います。納税証明書にも有効期限があるので、提出する前に期限切れになっていないかチェックしましょう。無くしてしまった場合は再発行できるので、管轄の税事務所に相談してみることをおすすめします。

自賠責保険の証明書も必要な書類です。グローブボックスの中に検査表と収納されていることが多いので、見当たらない方は調べましょう。これも期限があり過ぎてしまうと、買取店に車を売ることができないです。

この他、リサイクル料を支払っているか証明できるリサイクル券を保管しておくのも重要ですよ。紛失して見当たらない場合は、自動車リサイクルシステムのサイトで預託状況を確認できるので印刷しましょう。リサイクル券の代わりとして使用可能です。

以上が車買取時の必要書類ですが印鑑登録証明書と検査表の住所が違う場合や、結婚などで名字が変わった場合は住民票が要ります。後で慌てて準備することにならないように、引越しをした際は車検証の住所も早めに変更しておくと安心ですよ。

車の名義を変更する手続きを査定をしてもらった店舗に任せる場合は、実印を押した委任状も作成します。査定額は時間が経つほど変わってくるので、書類を準備するのが遅れて車査定がやり直しになることがないように、売ること決めた時点で早めに必要書類を確認して揃えましょう。

書類準備が整ったら実際に査定してみましょう

ユーカーパックの無料査定はこちらから