車査定

車査定でこれだけはやっておきたい準備3選

大切にしてきた愛車を買取りに出すのであれば、少しでも高く買い取ってほしいものですよね。では、高価買取を実現するためにはどのような準備を行えばよいでのでしょうか。今回は高価買取の基本となる各種書類の準備、洗車、情報収集の3点をご紹介します。

まず1つ目は、基本となる各種書類の準備です。必要な書類は納税を証明する「自動車税納税証明書」、加入が義務付けられている自賠責保険に加入していることを証明する「自賠責保険証明書」、きちんとメンテナンスを行っている証である「車検証」の3点です。特に車検証はメンテナンスの有無だけでなく、車のスペックを表す重要な書類となるため、きちんと準備するようにしましょう。

2つ目は洗車です。洗車はきれいにするという以外にも、買取店バイヤーの印象を上げるという目的もあります。例えば、ホコリまみれで車内も清潔感のない車を売りに来た人がいたら、買取店バイヤーは「車を大切に扱わない人だ。もしかしたら重大な欠陥を隠しているかもしれないから念入りにチェックしよう」という疑念を抱き、かなり厳しい目で車査定を受けることになります。

しかし、洗車や車内清掃が行き届いていると、車を大切に扱ってきた人だと言う印象を抱くため、査定も甘くなる傾向にあり、結果高価買取を実現できる可能性が高くなります。しかし、この際に1点注意すべきポイントがあります。それは、傷や凹みなどは事前に修理しない方がよいということです。

よりきれいな状態で査定に出したほうが高い値で買い取ってもらえるという考え方は概ね正しいのですが、個人で修理などに出した場合、修理費がかさんでしまい、結果手元に残るお金は微々たるものになってしまうこともありえます。

買取店では自社のノウハウを使って短期間で安く修理するすべを持っている企業が多いため、費用が発生する修理等は行わずに査定に出したほうが、結果手元に残るお金は多くなるという場合がほとんですので、修理は控えておいたほうが懸命なのです。

最後に情報収集です。これが高価買取を実現する上でいちばん重要なポイントとなります。まずはインターネット上で自身の車の適正買取相場を確認し、複数の買取店へ車査定を依頼します。

このときに、年式、走行距離、オプション内容だとこのくらいの相場だと考えている旨をバイヤーに伝えてください。取店のバイヤーも、知識がある人だと感じれば、非常識な価格をふっかけることもなく、適正な価格で買取価格を提示してきますし、他の店舗での買取額が高ければ高いほど、他の店舗での価格交渉が容易になるのです。情報収集自体は手間がかかり面倒な作業ですが、費用をかけずに買取額をアップさせることのできる手段ですので、面倒がらずに時間をかけて情報収集を行いましょう。

準備ができたら車査定に申し込もう!

ユーカーパックの無料査定はこちらから