車査定

車査定は電話がかかってくるのは避けられない?

昔は自動車を査定してもらうときは、現物を見てもらわなければ行ってもらえませんでしたが、現在ではオンライン上から申し込むことが可能です。3分から5分程度で入力が終わる情報のみで、業者に車査定をお願いできるためとても便利です。1回の申し込みで複数の業者にお願い出来るサイトもあるので、車査定はかなり楽になったといえます。

しかし、オンライン上の車査定では、自身に直通する電話番号という個人情報を伝える必要があるため、営業の電話がかかってくることは覚悟しなければいけません。嫌なら応答しなければよいと考えるかもしれませんが、繰り返し何度もかけてくるので、無視するのは難しいでしょう。

もしも、電話での営業が絶対に嫌ならば、それを行っていない業者を探す必要があります。例えば、申込時に電話での営業を遠慮したいと伝えられる業者もありますし、メールのみのやり取りを希望できる業者も存在します。

どの業者が電話での営業がないのかは、インターネット上で調べるのが一番簡単です。ただし、電話で営業をしないと宣伝していても、電話がかかってこない保証はありません。そのため、絶対に電話をかけて欲しくないのなら、口コミ情報をしらべて、本当にかけてこない業者を選定するようにしましょう。

自動車を売る場合に、『電話での営業がないこと』を最優先に考える方は少ないと思います。やはり、『高く買い取ってくれること』を最優先に考える方が多いでしょう。その場合、色々な業者に車査定をしてもらわなければいけないので、多くの業者に個人情報が伝わります。

そうなると、その中に営業電話をかけてくる業者はまず間違いなく存在するので、すべてを避けて通るのは無理だといえます。業者によって査定額に数万円以上の差が出るケースもあるため、高く売りたいのならば、ある程度の営業電話は我慢するのが得策です。

なお、まったく興味のないところから営業の電話がかかってきた場合は、業者に『売ってもらえる』という希望を与えないように、きっぱりと断りましょう。

電話をかけるのにも費用がかかるので、営業を続けるメリットをしっかりと否定すれば、何度もかかってくることがなくなります。ちなみに、一度に大量の業者に車査定を申し込むと、一度に大量の営業電話がかかってくる可能性があります。そのため、もしも一括査定を利用するのなら、欲張りすぎずに、電話がかかってきたとしても対応できる数の業者に申し込むとよいです。

電話が1社のみからしかかかってこない車査定はこちら

ユーカーパックの無料査定はこちらから