車査定

車査定で免許証を提示?

車を売却しようとしたときに車査定に出すことになりますが、その際に心配になるのが免許証が必要かどうかになります。

基本的には査定に出して、その価格に納得したときに売却契約を行いますが、査定するだけであれば免許証の提示は必要ありません。査定時に持っていなくても査定は可能ですが、アンケートを取られるのでそれには答えなければいけません。アンケートには名前や住所などを記入することになるので、その点だけ把握しておくことが大切です。

車査定の際には免許証は必要ではありませんが、必要となるときがありそれが買取契約を進めるときになります。これは業者が誰から買取をしたのかしっかりと管理しなければいけないためであり、免許証のコピーが必要です。

必ずしも免許証が必要というわけではなく当日に用意できない場合には、保険証やパスポートなどの身分が証明できる書類があれば大丈夫です。しかし特別な事情がないのであれば、免許証を用意していた方が安心できます。自宅まで来てもらうのであればいいですが、買取店などに行く場合には車に乗っていくことがほとんどなので、免許証を出した方がスムーズです。

また車を買取してもらう際には免許証以外の書類も必要になるので、買取当日までに用意しておかなければいけません。基本的に必要なものは車検証に自賠責保険証、印鑑登録証明書と自動車納税証明書、リサイクル券に実印そして振込口座情報になります。車検証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、住民票や戸籍謄本も必要になります。軽自動車の場合には印鑑登録証明書が不要で、実印の代わりに普通の印鑑が必要です。店舗で作成する書類もあり、それはお店の人が用意してくれるので準備しなくても大丈夫です。

車査定の場合には特に用意するものはありませんが、用意しておくといいものもあります。それは整備手帳や取扱説明書、スペアキーにカスタイズしている場合には取り外した純正品などです。これらはなるべく用意しておいた方が良いものであり、あることによりプラス査定になることがあります。

車を売る場合にはできるだけ高く売りたいものですが、その場合には最初に付属していたものなどもあることが重要になります。備品の有無によって査定額に変化があるのであれば、簡単に準備できるものは用意しておいたほうがいいです。このように免許証は車査定には必要ありませんが、用意しておいた方が良いものがあるので注意しましょう。

オススメの車買取店

ユーカーパックの無料査定はこちらから