車査定

メールのみの車査定って存在するの?

車査定について調べると出てくるのが「業者から電話が多すぎ」問題。車査定サイトに愛車情報を送って一安心と思ったら、ひっきりなしに電話がきてもう大変、なんて声が聞こえてきます。ではメールのみでやり取りすればいいのかというと、それも難しいところです。というのもメールのみだと査定会社へ最低限の情報しか伝えられず、査定額が低くなりがちなのです。そこで今回は、車査定をなるべくメールのみにとどめつつ、最低限の電話で査定額アップを狙うコツを伝授します。

「車は売りたい。でも電話は嫌だ」という人は多く、電話不要のメールサービスを提供する査定会社も増えてきています。しかしメールのみやり取りでネックになってくるのが査定額の伸び悩みです。昨今では中古車両の売買が珍しくないので、メーカー・車種・走行距離といった基本情報さえあれば、実物を見ずとも最低限の査定額を出すことはできます。ただしこれはあくまでも車両状態を無視した結果です。

もし見ただけではわからないエンジンやホイールの状態が良ければ、査定額もより高まっていくわけです。ただ、見た目だけではわからない車両状態はどうしても専門家に判断してもらう必要があります。ここで電話の話に戻るのですが、買い取り業者が電話をかける理由の多くは、こうした車体の目に見えない部分を評価するためなんですね。

実際に車体を見て調査する約束を取り付けようと電話をかけてくるわけです。もしこれがメールのみのやり取りとなると、業者による査定額の加算が受けられません。
なので査定額を伸ばすためにも、やはり電話のやり取りは必要になってくるでしょう。

メールのみとは行きませんが、業者からの電話を少なくするコツはあります。確実なのは、あらかじめ査定業者を絞ってしまうことでしょう。買い取り業者を選択できる査定サイトを利用し、電話をかけてくる業者をあらかじめ決めてしまうのです。

自分で業者を決めてしまえば電話の回数を調整しやすくなりますし、電話相手の素性を調べやすいので気持ちも楽になります。ただし大手の買い取り業者を選択する場合は注意が必要です。顧客を多く抱える業者の中には、自動的に電話するシステムを利用してる場合があります。

顧客のアポイントが取れるまで電話をかけ続けるので、たとえ1社でも煩わしくなる恐れがあるのです。あまり電話に時間をかけられない状況にあるならば、大手業者を避けるのも手です。ただし査定額を吟味するためにも、2~3社は設定しておきましょう。

オススメの車買取店(オークション形式)

ユーカーパックの無料査定はこちらから