車査定

車査定で売却した保険入れ替えのタイミング

車査定を受けて買い取ってもらい、新しい車に乗り換えいようとするときには保険の入れ換えを検討する必要があります。今まで加入していた任意保険はそのまま放置していれば次の車に乗り換えたときに継続して保証されるというわけではありません。買い替えのときだけでなく、とりあえず車を売り払ってしまって将来的にはまた買いたいというときにも手続きをしておくことが重要になります。車査定を受けようと思ったときには予めどんな手続きが必要かを確認しておきましょう。二つのパターンに分けて考えると適切な入れ換えができます。

一つ目のパターンとして下取りをしてもらって買うときのように古い車の引き取りと新しい車の納車のタイミングが一致する場合があります。このときには任意保険は車両の乗り換えに関する手続きをするだけで構いません。新しい車の車検証のコピーを予めもらっておき、保険会社に連絡すれば手続きは簡単に進みます。何月何日に新しい車に保険を移すのかを伝え、差額を支払えば今までと同じ保険を適用可能です。もし保証内容を変更したいときには同時に変更手続きもすれば問題ないでしょう。また、納車が先になる場合でも同様で、新しい車に保険を入れ換えたい日を指定すれば保険が適用される車が変わります。

二つ目のパターンとして挙げられるのが、まずは買い取ってもらってしまって、少し間が空いてから新しい車を購入するというものです。この場合には中断手続きをするのが大切です。任意保険は継続して利用していると等級が高くなっていきます。保険料が下がることになるため、この履歴は残しておくに越したことはありません。単純に解約してしまうとまた最下位に当たる6等級から始めなければならなくなります。買い替えだけれどまた車を買うから中断したいと保険会社に伝えましょう。10年以内に新しい車を買って保険に加入すれば同じ等級から始めることが可能です。

このように任意保険は手続きをして入れ替える必要がありますが、自賠責保険はまた状況が異なります。買取をしてもらうときには保険料が還付されているかどうかを確認しましょう。

一般的には買取店が名義変更をしたときに月割りか日割りの計算で自賠責保険料を還付してくれます。車査定を受けたときには、その査定価格に還付金が含まれているかどうかも確認しましょう。業者によって査定価格に含めるか、別に還付するかは異なっているので注意が必要なところです。

高く売れると評判のユーカーパック

ユーカーパックの無料査定はこちらから