車査定

車査定で社外ホイールはどうする?

現在持っている車を売りに出すとき、最も気になることは車査定でいくら提示されるのかといったことですよね。できるだけ高い査定額を出してもらいたいと考えるのが通常です。しかし、査定直前に手を加えたところで、大した変化がないと思います。日常的なメンテナンスやアイテムなどが査定額に影響を与えるのならば、あらかじめ知っておきたいものです。車に乗っていて、交換する可能性が高いパーツのひとつとしてホイールがあります。ホイールを交換することで、査定額に影響するのかどうか調べてみました。

車のホイールは、車を購入した時点ですでについています。これは購入した車と同じメーカーで作られているホイールであり、いわゆる純正ホイールと呼ばれるものです。走行を続けていれば、道路状況などによってどんどん傷ついていくのがホイールです。そのまま交換せずに査定に出す方が、査定額が上がるのかどうか気になります。ホイールの交換をすると、それまでと同じメーカーのホイールにするか、異なるメーカーのホイール、いわゆる社外ホイールにするかのどちらかでしょう。交換することで査定額に影響が出るかどうかは、車のメーカー、ホイールのメーカーがどうなっているかが大きくかかわります。

たとえ傷ついていてもホイールを交換せず、純正ホイールのままの方が良いという場合もあります。ただ、あまりに傷がつき、メーカーの種類も判別できないような状態のホイールは見ていて気持ちの良いものではありませんよね。私ならば、購入したいとは思えません。そのため、純正ホイールであっても、傷が多すぎて見栄えが悪くなるというならば、交換した方が良い可能性も高いといえるでしょう。ホイールの状態が査定に影響するかどうかわからないならば、交換して残しておくという方法も良いかもしれません。

ホイールには人気のデザインというものがあります。メーカーによっては、人気のないデザインのホイールというものがあり、それらのホイールは、はっきり言って高い金額で買い取りたいとは思えないでしょう。

私も好ましくないデザインのホイールは欲しくありません。逆に、デザインが優れておしゃれなホイールならば、社外ホイールであっても車にマッチして、魅力的で、多少高い金額でも買い取ってもいいという気分になります。

これらのことから社外ホイールに交換しても車査定では問題ありませんが、できるならば交換する際には、デザインの良い社外ホイールを選ぶことがおすすめされます。

オークション形式の無料査定

ユーカーパックの無料査定はこちらから