車査定

車査定に出すときスタッドレスタイヤはどうすればいい?

車査定をする場合、スタッドレスタイヤを付けていても大丈夫なのでしょうか。冬にノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替えて、そのまま車を査定に出す状況も考えられます。
実は、スタッドレスタイヤでも車査定に影響は無いので、スタッドレスタイヤで車を査定に出してもOKです。ただし、これは査定にプラスになるというわけではなく、プラスでもマイナスでもないということです。

なぜなら、タイヤの査定基準はノーマルタイヤかスタッドレスタイヤかではなく、タイヤの溝がしっかりと残っているかどうかという点だからです。つまり、新しいスタッドレスタイヤと新しいノーマルタイヤであれば、どちらも「新しいタイヤ」としてみなされるだけなのです。一般的にノーマルタイヤよりも高価なスタッドレスタイヤですが、それを付けていてもスタッドレスタイヤという点で評価が上がるわけではないのです。
ただし、雪国などの一部の地域ではスタッドレスタイヤの需要が高いので、査定時にプラスの評価をしてくれる場合もあります。しかし、これも車買取店によって違うので必ずプラス査定をしてくれるとは考えない方が良いでしょう。しかも、このような考え方ならば万が一プラス査定をしてもらえたら儲かりものだと思えますよね。

さらに、車を売却する時にノーマルタイヤを履いた車とスタッドレスタイヤがある場合、一緒に売るのと別々に売るのとどっちがお得なのでしょうか。ノーマルタイヤを履いた車とスタッドレスタイヤを一緒に車買取店などに売る場合、買取価格にスタッドレスタイヤの分は上乗せされません。なぜなら、車買取店などでは中古タイヤを販売していないので、買い取ったとしてもそのタイヤを再販することが出来ないからです。
よって、スタッドレスタイヤは車の付属品としてみなされ、車を再販するときにサービスとしてそのスタッドレスタイヤを付けるので、買取価格に上乗せしてくれません。つまり、スタッドレスタイヤを履いたタイヤを査定に出した場合と同じ状況になってしまいます。

逆にノーマルタイヤを履いた車とスタッドレスタイヤを別々に売ると、車は車買取店で買い取ってもらい、スタッドレスタイヤは中古タイヤ店で買い取ってもらいます。それぞれ別に評価をしてもらえるので、先ほどのケースと比べると売却価格は当然上がります。なお、スタッドレスタイヤよりも純正アルミホイールが付いているノーマルタイヤの方が需要があるので、スタッドレスタイヤの買取価格はそんなに期待しない方が良いでしょう。
そのため、買取価格がそんなに高くないのであれば手間をかけたくないと考える人は車と一緒に売却し、少しでもいいからお金にしたいという人は、車とスタッドレスタイヤを別々に売ることをオススメします。

車を高く売る節約術

ユーカーパックの無料査定はこちらから