車査定

車査定のしつこい営業の断り方

愛車を売ろうと決めた時、一円でも高く買い取ってもらいたいと誰しも思うものです。今はネットでの一括査定というものがあり、いろいろな業者に車査定をしてもらって一番高く買い取ってくれる業者に決めることが簡単に出来るようになりました。しかし多くの業者に車査定を頼んでしまうと、一番高く買い取ってくれる業者以外に断りをいれないといけなくなります。多くの人はこの業者に断りを入れることにストレスを感じてしまいます。他社の買い取り額を聞いてしつこく営業をかけてくる業者もいますので、査定後の上手い断り方を知っておけば困ることなく切り抜けることが出来るでしょう。

車査定をわざわざ頼んだのでキャンセルをするのは申し訳ないと思ってしまいますが、見積もりとは契約を行う前の段階であり、契約をするための条件を確認しているだけなので、見積もり後のキャンセルは何の問題もありません。むしろ自由にキャンセルが出来ない、強引に契約を結ばせようとしている場合は違法な営業ですので、然るべきところに相談しましょう。業者によってはその場での契約を迫ってくるところもありますので、他の業者での車査定も考えているのであれば、その場で安易に契約をしてしまわないように注意しなければなりません。「他はこんな値段で買いませんよ」なんて甘い言葉で契約をしようとしてきますが、きっぱりと「他の業者と比べてから考えます」と伝えましょう。

しつこい業者にはきっぱり断りを入れるのが一番ですが、自信がない方は車査定の際に前もって「今は売るつもりはないが査定額だけ知りたい」などと言って、業者が契約を迫ってこないように伏線を張っておきましょう。「夫(妻)と相談しないと決められません」など家族で考えている姿勢を見せることも有効です。女性一人であったり、優柔不断でNOと言えない人は、だれか親しい人ではっきりと断りを入れられる人を用意しておくのも良いでしょう。

売る業者が決まった後に、他業者への断りを入れておかないとその後も電話が鳴り続けることがありますが、「他の業者に売ることになった」とはっきり言えば納得してもらえるでしょう。丁寧に感謝を伝え礼儀を尽くして断りを入れれば、相手の業者も下手なことはできません。「もっと高値で買い取ります」となおも営業を続けてくるようなら、もう車は売って手放した、もしくは契約してしまったと伝えることで、電話をしてくることもなくなります。お互いのためにも、はっきり断りを入れるのが良いでしょう。

しつこくない車買取店のユーカーパック

ユーカーパックの無料査定はこちらから