車査定

車査定の交渉術

車を売るとき、少しでも高く売りたいものです。車査定を複数受けることで高値になるという話をよく聞きますが、ただ複数見積を取るだけでは査定額は上がりません。交渉術を身につけて、損をしない車査定を受けましょう。

ポイントは

  • 買取店をその気にさせる
  • 車をキレイにする
  • 金額の話をする

 

まず、買取店をその気にさせましょう。「高価買取ならばその場で売る気がある」と同時に「安ければ他店に行く」というスタンスでコミュニケーションを取りましょう。本気で売る気のない人に、いきなり高価な買取料金は提示してきません。また、車の買取相場は時間が経つほど下がっていきます。スピーディーな対応が出来る人が高額査定を受けている事が多いです。

なるべく車を綺麗にしてから車査定を受けましょう。車外はもちろん、車内の掃除をしていると良い印象を与えます。査定前に、車への感謝を込めて掃除をしておいてはいかがでしょうか。また、車を綺麗にしておくと買取店側の掃除の手間が省けるので査定アップに繫がりやすくなります。車内の細かい荷物も全部降ろしておくと、直ぐに売る気があるというのが目に見えて伝わるのでおすすめです。

買取店では手放す時期と理由を話しましょう。手放す時期を告げることで査定士が相場を見やすくなり、高額買取に繫がることがあります。査定の日にそのまま買取をしてもらわないのであれば、早めに手放す予定を立てておきましょう。また、車を手放す理由が解ることで査定士からの印象も変わります。

同時に、査定に出している車を大切に乗っていることもアピールしましょう。傷やへこみなども正直に話すことで、販売店との信頼関係が生まれます。取り繕うよりも正直に車の状態を話しておくことで、印象が変わります。車の状態を見ればどのように扱ってきたのかは見当がつくので、小さなウソもつかないようにしましょう。

希望額が決まっているなら伝えてみるのもありです。その時、下限額を調べておきましょう。売りたい車の下限額を知ることで、出された見積もりが高いものか安いものかがわかります。下限額は次に買う予定の新車や中古車の見積を取ると確認できます。

車査定の交渉術は、高額見積をしてもらうために必要です。円滑なコミュニケーションをとることで、お互いに気持ちよく取り引きを進めることが出来ます。高圧的な態度を取らないように気をつけましょう。面倒だなと思われたら、高額査定どころではなくなってしまいます。気持ちの良い取引が出来るよう、交渉術を駆使して高額査定を目指してください。

これまで交渉術を紹介しましたがこれは店舗型に対してのことですね。ところが交渉術がいらなくても高く売れる方法がありますよ。それがこちらです→オークション形式のユーカーパック

オークション出品ですから交渉術などは必要ないんです。ぜひ活用してみてください。

ユーカーパックの無料査定はこちらから