車査定

雨の日の車査定って損?

車を査定してもらったことはありますか?

車買取センターやディーラーへ持ち込み車を査定してほしいとお願いします。担当者に鍵を貸し、担当者は車を見に行きます。内装、外装、エンジンをかけ、車検証を確認し、査定額を決めるという流れです。どこへ行ってもだいたい同じ流れで行われるようです。

業界で相場というものはある程度決まっており、あるメーカーに特化していたり、車種に特化しているような場合を除けばどこへ行ってもそうは変わりません。年式とグレードが重要視されています。あとは、エンジンをかけたときの調子もあるようです。例外もあります、ビンテージのメルセデスをビンテージ専門店に持っていくのと、町にある中古車専門店に持っていくのでは大きく値段が違います。

車を売る場合、少しでも高く買ってもらいたいと思うのが心情ですよね。中には、廃車にするかどうか迷っていたり、廃車にするのもお金がかかるから自動車税も上がる前に手放してしまおうと思う人もいるかもしれません。それでも数万円でも手元に入れば十分な場合もあるでしょう。

では少しでも高く車査定してもらうにはどうしたらいいのでしょうか?
査定しやすい状態でわかりやすくストレスなく車両を見てもらい、価値を上げてもらうのも一つの手です。どちらかというと心情に訴えていきます。車をそのまま次のオーナーに引き渡せるような状態ならば、車の掃除をして洗車もしておいてょうがいいでしょう。そうすれば、オーナーの車に対する気持ちも査定担当者に通じるでしょうし、買取側もきれいな状態であれば掃除の負担が少なくて済みます。

クリーニングと言っても掃除機のようなもので掃除をするので十分なこともありますし、業務用の消臭剤を利用してもなかなかにおいが取れなかったなんてこともあります。最近は汚れよりもにおいを気にする人が多いのも気を付けるポイントです。

天気はどうでしょうか?正直、雨の日で濡れているからと言って車の価値は左右されません。雨は乾きます。ただ、車が濡れている状態だと外の傷が見にくいということはあります。それで、細かい傷を見逃したりすることがあります。ただ、雨で見逃す程度の傷ならば中古車市場においてはあまり差がないということも言えます。

車はある程度同じものが同じような時期に流通する商品です。より査定の価値を上げたいなら、気持ちよく車を送り出す愛着が買取担当者に伝わることがよりいい評価に伝わるのではないでしょうか。

オークション形式の車査定はこちら

ユーカーパックの無料査定はこちらから