ユーカーパック

ユーカーパックに売却すると自動車税ってどうなる?

ユーカーパで車の売却を考えてるんだけど

4月に来た通知の自動車税支払ったばっかりなんだけど!これって返ってこないの?もったいないよ!って方もいらっしゃるかと。。。

この場合はどうなるのかを車屋の私が簡単に説明しますね。

自動車税とは?

まず基本的なところから説明します。

自動車税とは4月1日の時点で登録してある車の所有者に課せられる税金です。その金額は車の排気量や、エコカーの区分などによって変わってきます。

また軽自動車の場合は軽自動車税となり軽乗用では¥10800となっています。

返却してもらえるの?

車を途中で売却した場合などは自動車税は戻ってくるのでしょうか?気になるところですね。

自動車税に関しては細かく説明をすると誤解を招く可能性がありますので、ここではユーカーパックのオークションで売却した場合についてのみ解説します。

ユーカーパックのオークションを使い売却した場合は以下のような取り決めになっています。

自動車税は、売買契約の成立月までを出品者、売買契約の成立翌月以降の相当額を購入者の負担とさせていただきます。
本サービスでは、車両価格とは別に当社所定の自動車税の月割り想定金額が設定されます。
マイページ上では車両価格と自動車税相当額が含まれたお支払総額(実際にお手元に振り込まれる金額)が表示されております。お支払の明細書上で車両価格と自動車税相当額の金額の確認が可能です。

※月割り想定金額は車両価格を算定しやすくするための当社所定の設定金額であり、個別の税金金額を特定・確定するものではありません。
※軽自動車の場合は還付がございませんので月割想定額は設定されておりません。

年度をまたぐ取引の場合、購入者さまの名義変更のタイミングによっては出品者に納税通知書が届くことがございます。その場合は、納税をせずにそのまま納税納税証明書をUcarPACへご送付ください。弊社にて代理で納税をさせていただきます。

引用:ユーカーパックHP

売買契約したその月までは出品者側の納税負担とのことなので、たとえば8月15日に売買成立したら9月から3月までの7ヵ月分が返金されます。返金と言っても国から還付されるのではなく落札側が残りの税金を支払いますといったところですね。

これはオークションの落札時に表示される「お支払総額」で税金分が上乗せで計算されています。なのでユーザー側が税金のことについて何か動く必要もないので安心できます。

注意点

少し余談的な要素となりますが、自動車税の話のついでに注意点を書いてみます。

自動車税納税の証明書を無くしている場合は、再発行する手続きが必要となります。この証明書が無いと車の売買が成立しません。もし納税が滞納しているとなると車検が通らないんですね。なのでそういった心配がない車です!と証明するために必要なんです。

普通車は自動車税管理事務所または各都道府県の税事務所へ、軽自動車は各都道府県の税務課へ行き自動車税の納税証明書をしっかり準備しましょう。

またユーカーパックのオークション終了時には速やかに書類の引き渡しとなります。期日までに必要書類が準備できないと違約金の発生の可能性もありますので注意が必要です。

以上ユーカーパックでの自動車税のことについて書いてみました。

ユーカーパックの評判や口コミはこちらの記事へ

ユーカーパックの無料査定はこちらから